学んC"hina,いらっChina!      ~出発前の中国おもしろ情報サイト

中国在住5年目の管理人が、中国と中国人がもっとわかるニュースを、おもしろ画像満載で更新中。渡航前準備・海外旅行保険付クレジットや銀聯カード・キャッシュパスポートの使用レポートも充実してます。

作文授業から見る 中国人の親子関係って…?!

小学生
中国で1年間生徒たちと付き合ってきて、色々中国人の習慣、文化など分かった事がたくさんあるんですが、その中でも日本人も見習わないといけないなと考えさせられるのが、
親孝行」の文化です。

生徒達はとかく、詰め込み式・丸暗記型教育を受けてきていて、特に作文などでは正しくて美しい文章が評価される社会なので、作文を書かせてもどうしても自分の意見や感想より,文章として美しい、決まりきった主張だけの作文になってしまう事が多いんです。そのへんは日本の作文の評価と全く逆ですよね。日本は「自分がどう感じたか?」が評価の対象になるので…。


そんな生徒たちでもとても感情の深い、思わず私もじーーんキラキラと来て涙が出てしまうような感情のこもった作文が書けるテーマ、それがズバリ、

王冠「私の両親」なんです王冠

 

この作文の授業もまた面白くて、色々書きたいことがあるんですが、その内容については後日またアップするとして、そんな中国人の緊密な親子の絆について、最近興味深い記事を見つけました。


…な~んか開設したてのブログらしからぬ、えら~く重めな内容なんですが…お付き合いくださいませ(汗)汗

私が最近とても興味深いなぁ~と思ったので、熱が冷めないうちにル・クルーゼ載せちゃいますね。

 

高校生-親に従順な中国・友達親子な日本…違いが浮き彫りに


2009年3月23日、日本青少年研究所・中国青少年研究センター・韓国青少年開発院・米国アイデア・リソース・システムズの4機関が合同で、日・中・韓・米4か国の高校生4862人を対象とした比較調査をしたそうなんですが、中国の高校生は、学習時間・健康概念・両親との良好な関係の3項目で4か国中1位だったそうです。
まあ簡単にその内容を説明すると、学習時間は中国人の学生のほとんどが一日の学習が10時間近くなのに対し、日本人の学生はほぼ8時間を越えなかったそうです
 両親との関係では中国の94%が「両親に愛されている」と思っているようで、両親を尊敬し、両親の言うことをきき、両親と反目しあわないとのいずれの項目でも、中国人学生は肯定的な回答が多かったそうなんです。キャハハきらきら!!

日本人学生の両親との関係も、中国と比べると希薄だったようですが、興味深いことに、日本学生の82.0%が「両親との会話が多い(4か国中1位)」といるそうで、日本の親子関係は“友人関係”により近いようだと分析されていました。確かに今の高校生のお母さんたちって「友達親子」やってる感じがしますよね。

で、ここからがまた面白いんですが、別の記事の主題は…↓↓


中国高校生の意識調査:希薄な親子関係を露呈、5割が親との会話は「うわべだけ」



「母親は僕のことわかっていると思っているようだけど、本当は全然分かっていない」。

一人っ子政策で、両親にとっても可愛がられて育っているはずなのに、子供達の多くは親子関係に不満を抱いているというこんな衝撃的な調査結果も出ているんです。

 「親子間の意思疎通に関する実態調査」で上海で512人の学生の回答結果によると、50%の生徒が「親は子供の事を理解していない」と答え、69%が「親子関係がうまくいってない」と感じているようです。

 一方で、42%が「親は自分と話をしたがる」と答え、上の記事のように、多くの若者、31%が「毎日親と話をする」という、一見矛盾した結果が出た、とありました。

 

ちょっと興味深いと思いませんか?

親とはとっても仲良しなはずなのに、

「本当の自分を理解してくれてない」と思っている子供が多いそうなんです悔し泣き!!


こないだ友達になった子持ちのお母さん(40代)に、ちょっとこのことを話してみました。

するとやっぱり今の親は子供のためにどうしても成績を重視してしまう、と言っていました。もちろん勉強だけが子供の役に立つとは思わないけど、今の社会がそうだから、子供の幸せを思うとどうしてもいい大学に行って欲しい、と思ってしまうそうです。

この調査をした人(実は高校生!)も、その原因を分析していて、現在の親子関係は双方の都合の良い話しかしない「見せ掛け」の会話の上に成立している、と冷静に分析していました。


 

こうして教育に少しでも携わっていると、その国の良い点、まだまだ改善できる点などが色々と見えてきますね。


この記事のURL : http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=14869
 

にほんブログ村のBlogランキングに参加しています。
1日1回のあなたのぽちっとクリックが,ランキングに反映されます
面白かったな~と思っていただけたらクリックお願いします

にほんブログ村 中国情報(チャイナ)

おうちゴハン1回目は…

今日も一日終わった~

買い物に行ったらセロリが例のごとく2株グルグル巻きで売ってあったのを購入。いつも思うんだけど、中国のセロリ、なんで2株セットやねん!1株で十分だって!こんなにあってもまたシワシワにしちゃうのに…

ということで、今日は一人おうちゴハン、セロリづくしに決定。何にしようかなぁ~

 

豚肉とセロリのサラダ

 

材料:豚肉薄切り(になるようにガンバったモノ。

こっちは薄切り肉なかなか売ってないので)

と、ナスの短冊切りを炒める

      セロリ・タマネギ薄切り・トマト・
      ピーナッツ砕いたもの。

ソース:スイートチリソース・レモン汁・塩・胡椒

オリーブオイル

 

作り方:

1. 野菜、豚肉などは食べやすい薄切りに。

2.豚肉はホントは茹でるんだけど、今日は一人なので
主食兼サラダとゆー横着料理のため、ごま油で
ジューッといためる。

3.和えたチリソースを全体にかけて、器に盛る。

4.袋に入れて砕いたピーナッツとセロリの葉を刻んで
散らせば、香ばしいおかずサラダの出来上がり
アジアン~

 

 

今日は同じ具材でもう1品のサラダを!

前回帰国した時に、家族と食べに行った創作料理屋さんで、とっても感動のサラダを食べたんです。普通にルッコラやレタス、パプリカの生野菜サラダなんだけど、そこに焼きナスがトッピングされていて、その上に揚げレンコンがトッピング!ゴマドレで食べたんだけど、見た目も綺麗で、生野菜+焼きナスのボリュームがちょうどよくって、超感動のサラダだったのでいつか作ってみたいなぁと思ってました。

で、今度友達にも食べてもらいたいのでちょっと試作です。

…というか、さっきのサラダに焼きナス入れたのは、こっちが作りたかったからなの♪

で、サラダを半分分けて、ゴマドレかけて、ピーナッツ散らせば…阿阿超おいしい~

あぁ~ 今日も幸せな夕食でした。ごちそうさまっ

日本語教師の毎日-去年を振り返って

今年も新学期が始まりました。(中国は9月が入学式です)

去年は2,4年生の会話クラス、3年生の作文クラスの担当だったのですが、最初は彼らの日本語のレベルがわかるまで、準備した事とかれらのできる事に微妙に差があったりして色々と大変でした。

3年生の作文の教科書は中国語で説明されているんですが、彼らには少し簡単すぎ、4年生は教科書というものが全くなく、すべて授業の教案を自分で組み立てなければならなかったので、かれらがどんなことを今学んでるのかを確認しながらの教案作りは…授業より何倍も時間がかかってしまいました

1年過ぎて彼らのレベルもようやく把握でき、授業の進み具合もわかってきたので、今年から少し、いや大分楽になりそうです。

 

思い出すとちょうど去年の今頃、最初に教壇に立った時は、大学の30人生徒のいる大きな教室なのでモチロン緊張もしたのですが、それより何より、「わぁっ 日本人の女の先生(前回は男性の方だったようで)だぁっ何を教えてくれるのかなぁ(ワクワク)」←モチロン心の声ですが明らかに筒抜け。笑。

という、30人の期待のこもった、純粋で眩しすぎる視線に…ホンキで隠れていいですかぁっっ!という気持ちと一生懸命闘って平気なフリをしてました(笑)。もうあのキラッキラした眼差しに一人アテられる気持ちは…なんともいい難いですよ。ええもう慣れましたけど。(笑)

 

中国の大学生達は本当に熱心でまじめで、一生懸命勉強するので、ついつい日本の学生たちと比べてしまいます。でもこれほどまじめに取り組まないと、この大国の熾烈な競争社会で生き残っていけないんですね。1年間学生たちと仲良くなって、生活サイクルや親の期待など色々なことがわかってきました。

それにクラスによってもこれまた雰囲気が違うんですね~。今の2年生はとーっても恥かしがりやっぽい、ゲームの時間もシーン…こしょこしょっと声が聞こえる程度かと思えば、4年生はちょっとでも自由時間があると途端に声が大きくなって、しまいにはギャーギャー…(汗)観察すると楽しすぎます。

また少しずつアップしていきます。

 

ブログ引越しのお知らせ
 livedoor blogのPICSサービス終了のため、中国国内から画像閲覧ができなくなりました。

新しいブログはこちらからアクセスください。
 
http://iracchina.blog.so-net.ne.jp/2013-05-21
中国出発準備に役立ちますよ
ランキング参加中ですので。。
ブログ内を検索できます
便利機能搭載ですね
今日のおススメ
  • ライブドアブログ