日本の電化製品は100V対応になっているので、そのまま使うことはできません。


中国の場合、電圧は220V、周波数は50Hzです。中国に来てすぐの頃、持ち込んでいたCD-Rプレイヤーを何を血迷ったか直接コンセントに差し込んでしまいました。(変圧器持ってたのに)


「ばちっ!」とすごい音と火花が飛んで、
そのあとそのプレーヤーはなーんの音も出さなくなってしまいました。
もう使い物になりません…。



                            中国の電気プラグ

でも変圧器が必要でない製品もあります

--------------------------------------------------------------------------------------------------

電化製品の裏側か説明書を見て、電圧のところを探してください。
INPUT:100V と書いてあれば、変圧器が必要です。


パソコン、プリンターなどは
INPUT:100-240V と書いてあることが多いです。

240Vまで対応、つまり世界各地で変圧器なしで使えます

【消費電力を確認】
-------------------------------------------------------------------------------------------------
次に消費電力を確認。
例えば、消費電力が100Wならそれ以上の変圧器が必要です。


消費電力の20%以上の余裕があるといいので、
120W以上の変圧器がいるってことになります。

ちなみにドライヤーは600~1500Wと高いので、
消費電力が高すぎるものは変圧器ムリです。
海外対応ドライヤーか、現地購入を購入を考えてください。

家電ワット数一覧

  ノートパソコン 50W~120W
  携帯電話 15W
  デジタルカメラ 3W~4W
  電動シェーバー 10W
  電動歯ブラシ 2W
  ドライヤー 600W~1200W
  その他家電製品のワット数はこちら

変圧器が対応しているワット数の80%~90%の使用で抑えたほうがいいようです。

楽天市場 海外旅行用 変圧器からすぐ必要なものを選べます。(クリックで楽天ページへ)


【ヒット商品】:2台の電気製品を同時に使えるこちらも人気です。 



  

【中国のコンセントの形と変換アダプター
-----------------------------------------------------------------------------------------------
コンセントの形は日本と同じ2つ穴と、あまり見かけない3つ穴が多いようです。
変圧器に加え、変換アダプターも用意した方が良いでしょう。変圧器と変換アダプターがあれば、携帯電話やデジタルカメラなどの充電もできますからね。
楽天市場 海外旅行用 電源プラグからすぐ購入できますよ。



【旅行グッズヒット商品】
変圧器と変換プラグ、パスポートケースもろもろ
ついたこのセットが大人気。




にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村