学んC"hina,いらっChina!      ~出発前の中国おもしろ情報サイト

中国在住5年目の管理人が、中国と中国人がもっとわかるニュースを、おもしろ画像満載で更新中。渡航前準備・海外旅行保険付クレジットや銀聯カード・キャッシュパスポートの使用レポートも充実してます。

2012年05月

【日本の誇り高き温泉文化が爆笑映画に!】テルマエ・ロマエ



毎日仕事や家事に走り回って忙しいですが、疲れたときにはやっぱり…
笑い、大事ですよねーっ
最近ワタシ的に久々大ヒットだったのが
 『テルマエ・ロマエ』
実写版映画が阿部寛主演で近日公開ということで話題になってるみたいですね。


原作の漫画の表紙はこんな感じです。

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)


…なんかもう説明しなくても表紙からしてギャグ満載な匂いが(笑)
もうね、発想というか観点がすごいんです。

 舞台は古代ローマ浴場の設計技師ルシウス・モデストゥスは、革新的な建造物が次々に誕生する中、自分の設計が採用されず失業。


 落ち込む彼の気を紛らわせようとする友人マルクスと共に公衆浴場で湯中に身を沈めたルシウスは、奇妙な排水口仕組みを調べようとして吸い込まれてしまう。水面に上がると「平たい顔」の民族-日本人がくつろぐ町内銭湯にタイムスリップしていた。

                      タイムスリップしたその先は…?

 これ以降彼はローマと日本を行き来し、日本の風呂文化に大衝撃を受けて、その斬新なアイディアを拝借し、浴場の設計技師として名声を勝ち得ていく…


私も中国にいると、こちらと日本の文化を比べることがよくありますが、
その発想とよく似てるなーと思っていたら、やっぱりそうでした。
こちらの作者さん、ダンナ様がイタリア人でイタリアで暮らしてたようです。
  -------------------------------------
「ヨーロッパにはお風呂も銭湯もないから、お湯につかりたくてもつかれない。でも、そこら中に古代ローマ時代の浴場の遺跡がある。昔はあったのになぜ今ないのか、それがもどかしくて」

「イタリア人の夫が日本の家風呂を見て笑うんです。古代ローマ人なら日本の風呂の良さをわかってくれるぞ」
また夫が「ローマ皇帝の名前を全員言えるほどの古代ローマおたくだったことも大きかった」
(wikipedia参照)
  -------------------------------------


 私は原作ではなく百度でアニメ版(全6話)を検索して見ました。
「羅馬浴場」って検索したら出てきますよ~
中でも、銭湯で売っているおなじみのフルーツ牛乳を飲み感動し、
古代ローマに戻ってからそれを再現していて笑えるw



                        …いやいやそりゃシャンプーハットや。

誇り高い古代ローマ人建築士が、日本の風呂文化の一つ一つに驚愕し、
これまで積み重ねてきた価値観を根底から覆される様子、
誇り高く大マジメな濃ゆいローマ人VS完全リラックスの平たい顔族
のバトルは、あまりにもユルくて、バカバカしくて、抱腹絶倒間違いナシです!




しかも実写版のキャストがまた絶妙。
阿部寛をはじめ、市村正親、北村一輝、竹内力…
日本屈指の濃い顔キャストの集結!

突き抜けた笑いの先に感動がある、壮大なコメディ大作!
ちょっと疲れた夜に良質の笑いを!!

 
  >>最大30%OFF!Amazonでレビューと価格を調べる
  >>楽天で最安値と感想を調べる



あなたのぽちっとクリックが,つれづれ日記のやる気に
繋がります。面白かったな~と思っていただけたら
クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   



日本の風呂と古代ローマ浴場を比較、日本人とは何なのかという民族性についても考えさせる深いテーマも織り込んでいます。

…ってゆーかこの顔の濃いローマ人が一番カタブツで、まじめくさってて日本人っぽく見えて来るのは気のせいだろうか…。


                

【中国人の価値観】時代の激動に振り回される人々、年代別の苦悩


日々めまぐるしく成長を続ける中国。

最近、そんな中国の成長の中にある歪みの中で生きる

「中国人の嘆き」がネットの掲示板に書き込まれて反響を呼びました。

今日はその投稿を日本語で紹介したブログの紹介です。




 一言に"中国人"といっても、漢民族&55の民族、標準語の北京語以外に、広東語、上海語などそれぞれに全く違った方言があります。自治区は香港・マカオ・ウィグル・チベットも入れたら、

 中国=34の行政区があることになります。

しかし、そうした“地域差”プラス、“年代差”も、それぞれの中国人の価値観や考え方に影響しています。

 これまで中国の60年間は激変の繰り返しでした。
国、文化、経済、国民、生活など全てが大きく変わってきたので、
50年代、60年代、70年代、80年代、90年代生まれでは、それぞれ全く異なる価値観・考え方・悩みが違うんですね。


参考までに中国語の原文も載せておきます。読める方はどうぞ。
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
 




50后(50年代生まれ)の嘆き

  私たちが生まれてきた時は、新中国はまだまだ建設前だった
  体が成長する時は、おなかが空いてて「筋三本に頭一つ」
    (極めて痩せている喩え) だった
  幼稚園に行くはずの年には、親と畑を耕すしかなかった
  小学生の時は、小学生は皆エリートだった
  大学生の時は、文化大革命が始まった
  就職する時は、“上山下郷運動” が始まった
  恋愛する時は、お見合いに頼るしかなかった
  結婚する時は、二つのシングル・ベッドを一つに並べるしかなかった
  一生懸命働いている時は、リストラにあたった
  年を取って楽に暮らして行こうと思ったら、子供の世代は
  スネカジりの80后だった

 
 50后的无奈:
   当我们出生的时候,新中国还没有个样儿;
   当我们长身体的时候,饿得“三根筋挑着一个头“;
   当我们需要上幼儿园的时候,只能跟着父母到田头;
   当我们长身体的时候,碰上了“三年困难时期“;
   当我们上小学的时候,小学生都是大知识分子;
   当我们上中学的时候,赶上了大串联;
   当我们正上学的时候,碰上了“文化大革命“,
   当我们该工作的时候,碰上了上山下乡,
   当我们谈恋爱的时候,还只能靠介绍;
   当我们结婚的时候,只能两张床一并靠;
   当我们工作正起劲的时候,碰上了下岗;
   当我们老了想享享福的时候,碰上了啃老的80后





60后の嘆き

  
  私たちが生まれてきた時は、三年災害の時だった
  学校へ行くべきころに、文化大革命が始まった
  就職する時は、リストラブームが起きた
  家族を養わなければならない時は、国営企業が売られた
  子供を産もうとしたら、一人っ子政策になった
  子供を育てたら、“宇宙人”のような90后に遭遇した
  面倒を見てほしい時期に入ったら、自分の世話もできない90后がいた。

 60后的无奈:
   当我们出生的时候,赶上了三年自然灾害;
   当我们需要读书的时候,赶上了文化大革命;
   当我们需要就业的时候,赶上了裁员;
   当我们要养家的时候,国营卖掉;
   当我们需要生育的时候,国家只让生一个;
   当我们教育子女的时候,碰上了会说“外星文“的90后;
   当我们需要人照顾的时候,碰上了只会让人照顾的90后。




70后の嘆き
  
  私たちが生まれてきた時は、ミルクなんてなかった
  育ちざかりには、肉は伝票がないと手に入らなかった
  信仰が必要な時は、信仰が崩れた
  夢が必要な時には、夢なんて滅びてしまった
  精神的な励ましが必要な時は、物欲にとり囲まれはじめた
  マンションを買いたい時は、福祉住宅政策がなくなった
  大学に入ろうとしたら、「大学生だから」って通用しなくなった
  私たちが大卒したら、仕事が自ら探さなきゃならなくなった
  恋愛をしようとしたら、“愛”ではなく“金”の世界になってしまった
  子供を産もうとしたら、一人っ子政策になった
  親孝行をしようとしたら、相手は6人になってしまった
  
  ※一人っ子政策で、子供1人に両親・父方・母方祖父母の6人に。 

 70后的无奈:
   当我们出生的时候,奶粉买不到;
   当我们长身体的时候,吃肉要靠票;
   当我们需要信仰的时候,信仰崩溃了;
   当我们需要理想的时候,理想泯灭了;
   当我们需要精神鼓励的时候,我们被物欲世界包围了;
   当我们要买房子的时候,福利房没有了;
   当我们要上大学的时候,大学生贬值了;
   当我们大学毕业的时候,工作要靠自己找了;
   当我们要谈恋爱的时候,爱情也变成钱情了;
   当我们生小孩的时候,小孩只能要一个了;
   当我们要孝敬老人的时候,我们上面有六个老人。





80后の嘆き
  
  私たちが小学生のころは、大学は無料だった
  大学生になったら、小学校が無料になった
  卒業前は、統一分配制度 (就業制度)が施行されていた
  今度卒業してみたら、散々壁にぶつかってやっとギリギリ生きられる
  ような仕事しか見つからなかった
  仕事を始める前までは、住宅は分配制だった
  やっと仕事を始めるようになったら、マンションが買えなくなった
  私たちがまだ株を始める前までは、バカでも儲かっていた
  期待して始めてみたら、自分がバカだと気付いた
  まだ結婚年齢にならない時は、自転車があればお嫁さんをもらえた
  結婚年齢になったら、家や自動車がなければ嫁が来なくなった
  まだ恋人がいない時には、女の子は“内面”を見ていた
  恋人を探し出したら、女の子は“金”しか見なくなっていた
  私たちが仕事を探す前は、小学生の学歴でも出世していた
  私たちが仕事を探し出したら、大卒でも掃除の仕事しかなくなった
  私たちが子供を産む前までは、子供たちで体育チームが作れた
  私たちが子供を産む時には、一人しか産めなくなった。

 80后的无奈:
   
当我们读小学的时候,读大学不要钱;
   我们要读大学的时候,读小学不要钱;
   我们还没能工作的时候,工作也是分配的;
   我们可以工作的时候,撞得头破血流才勉强找份饿不死人的工作做;
   当我们不能挣钱的时候,房子是分配的;
   当我们能挣钱的时候,却发现房子已经买不起了;
   当我们没有进入股市的时候,傻瓜都在赚钱;
   当我们兴冲冲地闯进去的时候,才发现自己成了傻瓜;
   当我们不到结婚的年龄的时候骑单车就能娶媳妇;
   当我们到了结婚年龄的时候没有洋房汽车娶不了媳妇;
   当我们没找对象的时候,姑娘们是讲心的;
   当我们找对象的时候,姑娘们是讲金的;
   当我们没找工作的时候,小学生也能当领导的;
   当我们找工作的时候,大学生也只能洗厕所的;
   当我们没生娃的时候,别人是可以生一串的;
   当我们要生娃的时候,谁都不许生多个的。




90后の嘆き

  私たちが生まれてきた時は、粉ミルクに毒が入るようになった
  育ちざかりの時には、“ゴミフード”しか食べれなかった
  幼稚園に通い始めたら、費用がものすごく吊り上がるようになった
  大学を卒業する時は、“卒業=失業”になった
  一生懸命稼ごうとしたら、株式市場が暴落するようになった
  本気で恋愛しようとしたら、イケメン達はみなGAYになってしまった
  流行のすべてを追おうとしたら、ニュータイプが流行り始めた!



 90后的无奈:
   当我们出生的时候,奶粉里都有毒了,
   当我们长身体的时候,只能吃垃圾食品了,
   当我们要上幼儿园的时候,开始乱收费了,
   当我们大学毕业的时候,毕业就是失业了,
   当我想努力赚钱的时候股市倒了,
   当我想努力谈恋爱的时候帅哥都成GAY了,
   当我想追求一切流行的时候,又开始非主流了!

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

   (訳)彼女:「アンタ!アタシにバラの花1本も贈ってくれたことないじゃない!」
      彼氏:(家のローンでもういっぱいいっぱい…(死))




どうでした??

中国の激動の時代の移り変わりに、人々が振り回されて

いるのがよく分かりますね。

一つの国でここまで年代によって価値観が違う理由がとっても納得しました。

たくさんの消化不良を抱えて、これからの中国はどうなっていくのでしょう…




原文の方はこちらのサイトで↓


http://www.kaixin001.com/repaste/21791691_2097779895.html


【中国病院情報】耳鼻科奮闘記


のど風邪をひいて早1か月…

扁桃腺が腫れて熱が出て、熱が収まったら喉が腫れて咳が続いて…

治りきらないうちに人とずっとしゃべってて、しかも中国人みんな

明るいし声おっきい人ので、喉の負担も4割増し…。

そしたら喉の右奥が腫れて物を飲み込むのもイタいーーーー(泣)

毎日抗生物質飲んでも、ちょっとしゃべったらイテテ…

最後の手段で2日丸丸休んでもやっぱり治らないので仕方なく病院行くことにしました。

----------------------------

中国人の友人が、知り合いの先生のいる協和病院に行ったんですが。

           うちの病院の写真じゃないけど。


…ってかなんで全国に「協和医院」ってたくさんあんだろ…何つながり?



まずは1階でカードを作ってから耳鼻科のある3階へ。さっそく診察室を探してみると…

いやーっ いきなりのどっぷり中国色満載やなぁ…

日本の診察室って普通こんな感じですよね?

待合室で待って、順番呼ばれたらハーイって入って治療受けて…



中国はこうです。



診断室には患者さん入り放題。

みんな外で待ちきれないからこうなる。

既に先生と患者さん埋もれちゃって見えないし。

もしくはこうです。



ものっすご近くでガン見

いや~ 久しぶりに見ました中国人の好奇心の底力。

でもこんな近くで、耳やら鼻やらジリジリージュルジュルーって機械入れて

治療されてるの見続けていられるのも逆にすごいよ… 

 私なんて見てたら途中で「…うえっ」となって見ないようにしてました。


やっと順番が来て、「喉が外からも腫れてるんです。」って言うと、

「どれどれ…(触診)…なんかコリコリしてるね。でもここは扁桃腺ではないね…

リンパ腺かな…じゃっ 喉カメラ入れて見てみようか」

って、えーーー!!?? カメラいるかーーー??

日本なら普通抗生物質出して、様子みましょかーっていう流れだよね??

…とりあえず喉カメラ室行ってみるけど、チャージしたお金が足りないらしい…

喉の麻酔までしたんだけど、どう考えてもただの喉風邪コジらせた炎症で、

しかも「治りかけだけど治りが遅いので抗生物質ください」って言ったのに、

もーーっ基本的に人の話聞いてないやろー!




…というわけでもっかい先生トコいって「カメラいらんから薬くれ」って言って、

結局抗生剤1つ、中薬(漢方系)2つを処方してもらって解決。

中国では漢方を「中薬」、風邪薬など日本でもふつうの薬を「西薬」と分けてるんですが、まず西薬に行って会計して抗生物質を受け取ると、1つ56元(700円)!えっ?高っ!!



あまりに髙くて漢方は拒否って、病院向かいにある薬局へ直行。

「あのー、この薬と同じのあれば幾らか教えてもらえます?」

…なんと28元(350円)ですよ!病院の薬たかっ!ボッタクリかい!

でも診察料取られてなかったから診察料込みなのか?

中国の病院は「福祉」じゃくて「ビジネス」なんだなぁとつくづく実感。

はぁーーー…なんか色々疲れたわ…




しかし体調悪い時に中国の病院って…マジしんどい。

  1回目:なんか食べてお腹下しマックスだった時
  2回目:胃潰瘍の激痛で死にかけてた時
  3回目:こんかい。

いくら中国でもう何年も雑草のように生きていようと、病気の時ってやっぱ

メンタルも弱ってるんですよ。

こんな時ほど中国に 清潔な環境丁寧な対応

求めてしまう時ってありません…

んで当然ながら見事に心が折れて、一瞬本気で中国が嫌になる。


…まっ 治ったらまたケロッとしてるんですけどね。



中国のカオスや…

教訓:中国で生きてくにはやっぱり健康第一!

ブログ引越しのお知らせ
 livedoor blogのPICSサービス終了のため、中国国内から画像閲覧ができなくなりました。

新しいブログはこちらからアクセスください。
 
http://iracchina.blog.so-net.ne.jp/2013-05-21
中国出発準備に役立ちますよ
ランキング参加中ですので。。
ブログ内を検索できます
便利機能搭載ですね
今日のおススメ
  • ライブドアブログ