久々の更新です

私が中国に来て早3年。
日本ではすっかりiPhoneなどスマートフォンが出回っております。

私も仕事とプライベートで、出先で必要な資料を調べたいことがあるので、以前から気になってたんです。それで日本と中国のスマートフォンの違いを徹底的に調べてまして、つ、ついに私的にベストな一品をゲットしました。

今回はそんな中国でのネットショッピング&携帯状況(注:偏りアリ)についてレポートしたいと思います


私の必要条件は…
 ①OSはWindows Mobile希望。
 →私の使いたいソフトがwin moしか対応してない(涙)
 ②中国・日本両方で通話できる携帯ならベスト。
 ③出先では保存した動画・PDF・WordExcelの閲覧、
      上記のソフト
を使いたい。
 ④インターネット・youtubeなどの動画閲覧・ゲームなどは、
   どーでもいい。ipodPad,Androidの機能にはあんまり
   魅力を感じません。
 ⑤しかーし、総合的スペック(容量・機能・金額・今後の
   可能性)が、それより良いのんがあれば、ipod、And、
       タブレットを含めて検討の可能性あり。
 ⑥お財布事情は2万円以内
  …金額設定がこんな低くなかったら冒険せんと日本の
  機種を買いますわ…(涙)

こんな感じで、私の"スマホ探しin CHINA"は始まりました。
まずは日本に帰国した時に日本の機種からリサーチしたんです。

                 
まぁ結論から言うと、
Windows Mobileでタッチ式のスマホは、日本の市場ではとっても少ないのです。
 Apple(iPodなど)とAndroid(各社が出してるため)が市場の大半ですね。
 『WIn mobile6.5』以降のOSは、最近出始めたWindows Phoneの『Windows7』です。私の使いたいソフトは、対応がMobile6.5までなのでPhoneは無しです…
 ちなみにWindowsOSの市場が大きいのは…韓国です。

中国の携帯電話は【SIMフリー】、つまり携帯本体と別に、通話カード(SDカードくらいのプリペイドタイプ)を買って差し込んで使います。世界的に見ると日本が特殊なんですが…。でも日本も今年からようやく1台SIMフリー機種が発売開始になったので、今後の行方も気になるところなんですが、半年に一度の帰国なのに、日本の携帯の月額料金を払っていくというのは、何とももったいので、日本の携帯の契約はあきらめました…

ちなみに韓国人の友人は、韓国の携帯を持ってきて、通話カードを差し替えて使っていて羨ましいかぎりです…。あっちは電圧も同じなので、皆電化製品を持ち込んで快適ライフを送ってらっしゃいます…うらやましー

③~⑥iPodは平均2,3万、タブレットももちょっとするので、早々に日本の機種はあきらめました(涙)
中国に帰って携帯店に聞いても、「Windows?んなもん無い」って言われたので、ネットで調べてみました。すると意外とありました♪

(1)SAMSUNG三星 /SCH-M715(GT-I8000)

(2)K-Touch天语 / W366

(3)Newsmy纽曼/ N8

(4)LG / GT500S


この辺りを比較してみました。
    価格(1元12円)  ・画面サイズ ・ 解像度  ・カメラ
(1)600-1000元       ・3.7インチ     ・ 480×800 500万
(2)500-1300元       ・3.2インチ     ・ 240×400 ・200万
(3)850-1400元       ・3.6 インチ    ・ 320×480 ・300万
(4)500-1000元       ・3.0 インチ    ・ 240×400 ・300万

そして大事なのが保存できる容量です。
(1)RAM256,ROM512,本体8G,カード最大16G
(2)RAM128,ROM256,本体 0  ,カード最大  8G
(3)RAM128,                 本体8G,カード最大 ?G
(4)RAM256,ROM512,本体 0  ,カード最大  ?G


…すべてにおいて(1)のSAMSUNGが良いでしょ?
実はこの機種、正規版ではなさそうなんです
中国語の説明を読んで予想するに、韓国製のGT-I8000を
中国版に改良・グレードアップしたのがこちら。
なので、万が一壊れた場合は…保障は無いと思います。
しかーし!
コレはナント
Windows&Android、OS両刀遣い!!
Androidの方は電池消耗が早いとか色々欠点はある
みたいですけど…。まあこの金額でOSが2つとは
かなりのコスパです

今回利用した「淘宝网」は、日本でいう「楽天」的存在。
会員登録が必要なんですが、ネット銀行がまだ完全に機能してなかったので、今回は生徒に購入してもらいました。

 
  便利だなぁ~と思ったのは、日本ではもし購入検討商品について質問がある場合はメールを送信して返事を待ちますが、こっちでは売り手もオンラインの場合、QQからチャットでその場で答えが聞けるんですね。で、「送料負けて~」ってな感じでしっかり値切って、相手がOK出したので、その場で交渉成立でした。

結局掛かった総額:
  本体(8G)780元
  充電パック2個
  充電機
  ストラップ式電子ペン
  画面シート
  ケーブル1式
  microSDカード4G
  Windowsソフト色々
  送料コミコミで合計900元(10800円)!!

   どですか?! このスペックでこの安さ!
 ちなみに中国でもAndroid(安卓といいます)とApple(苹果)が2代勢力で、Androidだと大体本体だけで2000元ぐらいします。
中国人の子たちにも「先生ネットで買う携帯なんて一番危ないよ~」と偽物疑惑が大きかったんだけど、

 1.中国人の購入経験のある子達に見てもらった
 2.たくさんのサイトを比較、顧客保障のサイトを選んだ
 3.サイトにこの機種の問題点などがしっかり書かれていた
 4.(2)の機種を買った中国人の友人がいて、実際に触ら
   せてもらった
 5.偽物のリスクを負ってもいいくらいのものだった

という要素があり購入を決意。
「商品到着は1、2日」とありましたが、なんと翌日に到着しました。は、はやぁぁ~!

さすがにオール中国語なんで、使いこなせるようになるまで2週間くらいかかりましたが、生徒たちが言ってた通りでした。
「如果是真的,那值得买…
 不,超级值得!!」


「もしホンモノなら買う価値はめちゃくちゃありますね」

Windows Mobileが欲しい方、
かんなりのおススメの逸品です


ちなみに今中国で売れてるのはコレです。
【小米(xiao-mi)科技】という会社が、欲しい機能を
全部入れちゃった、Mi-ONE

AndoroidOS搭載、色々と性能も良くて1999元
やっぱモトローラーとかアップルとかSamsungとか外国製品は性能いいんだけど、なんせ値段がね。
でも中国人は月給1500元~とかの子たちからしたら、ほぼ1か月の給料ですよ。中国にいると科学技術は日本と同じなのに、街中の基本的な部分が欠落していたりして、いろんな”歪み”を感じますね…

にほんブログ村のBlogランキングに参加中。

あなたのぽちっとクリックがランキングに反映されます。

面白かったな~と思っていただけたらクリックお願いします


にほんブログ村 中国情報(チャイナ)